スポンサーサイト

2016.11.23 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    昭和15年創業 隠れ家的そば店で味わう 昔ながらの「もりそば」の味

    2015.02.03 Tuesday

    0
      昭和15年創業 隠れ家的そば店で味わう 昔ながらの「もりそば」の味 

       火の見庵

       1月30日放送の「ブラマリのいただきっ!」(テレビ東京系、毎週金曜午後6時58分)では「知らないと損! 穴場の絶品グルメ 見つけづらい料理店」と題して、柔道家の篠原信一さん、大食いタレントの木下ゆうかさん、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さんが「火の見庵(ひのみあん)」(東京都大田区)を訪れた。
       
        同店は1940(昭和15)年創業のそば店。一見すると平屋の一軒家なので、近所でも知らない人がいるほどの隠れ家的な店だ。そのため来店するのは常連客ばかりだという。そばの製法や道具も創業当時のままで、昔と変わらない味を楽しむことができる。店主のおすすめは「もりそば」。だしのかえしにザラメをたくさん使う甘めのつゆは、コシのある細めの麺と相性の合う逸品だ。
       
        「もりそば」を食べた篠原さんは「うまい! すごいコシがありますね。だしが甘みがあっておいしいです」とコメント。木下さんも「コシがあって甘みもあっておいしいですね」とコメントし、2人で5枚のもりそばを完食した。
       
       ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。


       本記事は「ぐるなび」から提供を受けております。
       著作権は提供各社に帰属します。