スポンサーサイト

2016.11.23 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    首相、40億ドルの支援表明へ…途上国の防災に

    2015.03.14 Saturday

    0

       首相、40億ドルの支援表明へ…途上国の防災に

       

      • 国連防災世界会議の開会式を大型スクリーンで見る多くの関係者ら(14日午前11時9分、仙台市で)=冨田大介撮影
      •   防災の新たな国際指針を決める第3回国連防災世界会議が14日午前、開会式に天皇、皇后両陛下をお迎えし、東日本大震災の被災地・仙台市で開幕した。

          安倍首相は途上国などを対象とした防災分野での日本の貢献策「仙台防災協力イニシアチブ」を発表。2015年から18年までの4年間で総額40億ドル(最新の為替レートで約4855億円)の支援や、世界で約4万人の防災の専門家や行政の担当者らの育成を目指す方針を表明する。

          首相は全体会合でのスピーチで、「多くの自然災害を経験し、防災の知見と技術を積み重ねてきた我が国は、国際社会でも災害の犠牲者を減らすための貢献をさらに力強く進める」と強調。また、「東日本大震災で、世界中からさしのべられた支援に感謝したい。防災は共助の取り組みだ。恩返しの意味も込めて国際社会に貢献したい」と訴える。